Archive for macOS

【Mac】ターミナルなど Operation not permitted を回避し開発者仕様にする

macOS Monterey
Version12.4

■1.「SIP」をdisableに変更
(システム整合性保護(System Integrity Protection: SIP)の無効化)

Macを一度シャットダウン
起動時に「command + R」押下、マークが表示されたら離す
リカバリーモードが起動
上のメニューバーから「ターミナル起動」

# コマンド:「csrutil status」が「enabled」なら
csrutil status

# コマンド:「csrutil disable」を叩く(再起動しないと反映されない!)
csrutil disable

# コマンド:「reboot」にてMac再起動
reboot

■2.ターミナルをファイルフル権限に設定
通常起動後に
「システム環境設定」

「セキュリティーとプライバシー」

「プライバシー」タブの右側「フルアクセス」

「ターミナル」のチェックボックスOn

■3.「.DS_store」を削除&作成不能とする

# .DS_Storeファイル全部削除
sudo find / -name ".DS_Store" -delete
# Finder再起動
Killall Finder

# .DS_Storeファイルを完全に作らない
defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores True
# Finder再起動
Killall Finder

■4.必要ないならiCloud同期しない設定がおすすめ

【Xcode】プロジェクト環境に合わせたInstallコマンド

覚書

#まずはbundle

bundle install --path vendor/bundle

#そしてプロジェクトのbundleを使う

bundle exec pod install

【Mac】rbev openssl [BUILD FAILED] [make: *** [all] Error 2]

古い環境が必要となり旧macへXcodeやRuby環境つくる時にハマったので覚書

20220315
■環境
macOS High Sierra 10.13.6
Homebrew 3.4.1-67-gb31d8e9
rbenv 1.2.0

こんなエラーが発生

Downloading openssl-1.1.1l.tar.gz...
-> https://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/0b7a3e5e59c34827fe0c3a74b7ec8baef302b98fa80088d7f9153aa16fa76bd1
Installing openssl-1.1.1l...

BUILD FAILED (Mac OS X 10.13.6 using ruby-build 20220218)

Inspect or clean up the working tree at /var/folders/rc/9hwgt2nd0rxgjzvt9kc0zgph0000gn/T/ruby-build.20220315231102.889.ggie1q
Results logged to /var/folders/rc/9hwgt2nd0rxgjzvt9kc0zgph0000gn/T/ruby-build.20220315231102.889.log

Last 10 log lines:
/usr/include/CommonCrypto/CommonRandom.h:35:9: error: unknown type name 'CCCryptorStatus'
typedef CCCryptorStatus CCRNGStatus;
        ^
crypto/rand/rand_unix.c:385:47: error: use of undeclared identifier 'kCCSuccess'
    if (CCRandomGenerateBytes(buf, buflen) == kCCSuccess)
                                              ^
2 errors generated.
make[1]: *** [crypto/rand/rand_unix.o] Error 1
make[1]: *** Waiting for unfinished jobs....
make: *** [all] Error 2

そこでOpenSSL1.0が必要
以下のコマンドにて「rbenv/tap/openssl@1.0 1.0.2t」がインストールされる

#OpenSSL1.0をInstall
brew install rbenv/tap/openssl@1.0

#環境変数設定 [hogeはuserだよ]
echo 'export PATH="/usr/local/opt/openssl@1.0/bin:$PATH"' >> /Users/hoge/.bash_profile
#環境変数反映
source .bash_profile

#必要なら環境変数反映
export LDFLAGS="-L/usr/local/opt/openssl@1.0/lib"
export CPPFLAGS="-I/usr/local/opt/openssl@1.0/include"
export PKG_CONFIG_PATH="/usr/local/opt/openssl@1.0/lib/pkgconfig"

#これその後のコマンド用に必要!
export RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-openssl-dir=`brew --prefix openssl@1.0`"

#好きなRubyインストール
rbenv install 2.6.9

macOSの場合はOpenSSLの影響が他にもある

OpenSSLはRailsなどに使用するmysql2ライブラリーにも影響あり、MySQL5.6 Or 5.7使用する際にも影響あるので注意!

bundle installする前に
[.bundle/config]ファイルへ
以下、設定が必要!

BUNDLE_BUILD__MYSQL2: "--with-ldflags=-L/usr/local/opt/openssl@1.0/lib --with-cppflags=-I/usr/local/opt/openssl@1.0/include"