Archive for 5月, 2013

Outlook 2010 署名の編集できない エラー

Outlook 2010で署名の編集できないエラーが発生した。

署名編集画面を呼び出すボタンを押下しても、なにもアクションが起きない?エラーメッセージもでないので不思議な現象。。。ググって直したので覚書!

Regeditにてレジストリを修正し、治りました。トホ


[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\CLSID\{0006F03A-0000-0000-C000-000000000046}\LocalServer32]
 
「既定」の内容を「C:\PROGRA~2\MICROS~2\Office14\OUTLOOK.EXE」に修正
 
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Wow6432Node\CLSID\{0006F03A-0000-0000-C000-000000000046}\LocalServer32]
 
「既定」の内容を「C:\PROGRA~2\MICROS~2\Office14\OUTLOOK.EXE」に修正

注意!Outlookをインストールしてある場所を指定してあげる。多分フルパス指定でもいけるはず!

参考サイト

VMware ESXi 5.1 USB bootable Install 作成

VMware ESXi 5.1 USB bootable してしまおう!

■Step1

まずはブートセクターを作成する!

Windows7のドスメン(cmd.exe)に「diskpart」と入力

以下のような感じにする(サンプル出力)

注意!この時に間違ってローカルHDDを選択すると。。。。消えるよ(涙)


DISKPART> list disk
 
ディスク 状態 サイズ 空き ダイナ GPT
### ミック
------------ ------------- ------- ------- --- ---
ディスク 0 オンライン 1192 GB 0 B
ディスク 1 オンライン 1000 GB 1024 KB
ディスク 2 オンライン 29 GB 0 B
 
DISKPART> select disk 2
 
ディスク 2 が選択されました。
 
DISKPART> clean
 
DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。
 
DISKPART> create partition primary
 
DiskPart は指定したパーティションの作成に成功しました。
 
DISKPART> active
 
DiskPart は現在のパーティションをアクティブとしてマークしました。
 
DISKPART> format fs=fat32 quick
 
100% 完了しました
 
DiskPart は、ボリュームのフォーマットを完了しました。
 
DISKPART> assign
 
DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。
 
DISKPART> exit
 
DiskPart を終了しています...

■Step2

UnetbootinをDownload

■Step3

こんな感じでISOをUSBに焼いてあげる

unetbootin

後はInstall先のPCのBIOSをいじってUSBをFarst Bootに設定してInstallも自分自身にしてあげる!
(プチリナックスでbootableにして、CDからUSBへInstallすることでもOK)

vSphere 5.1 データストア追加でエラー発生

vSphere 5.1 Clientでデータストア追加時にエラーとなってストアの追加が出来ない。

回避方法は英語版で起動することにより、回避できる。

batファイルを作成し中身に以下を記載する。

「”C:\Program Files (x86)\VMware\Infrastructure\Virtual Infrastructure Client\Launcher\VpxClient.exe” -locale en_US」

cmd.exeに貼り付け起動でもOK

Yamaha RTX1200 Or RTX1500 L2TP/IPSec Windows7の標準機能でClientにする

Yamahaさんナイス!って今までなんで対応してくれなかったよ?

って何のことかというと、YamahaのRTX系ルータで最新のファームウェアを使用するとIPsecを使用しVPNを簡単に接続できるようになりました。NATトラバーサル万歳!

ちなみに、iphone5、Android4.0からも接続可能!(良いのか悪いのか?)

参考サイトへのリンク

■RTXへのConfig設定のサンプルは以下を追加
(同時接続は3名の場合)
(tunnel1は他のVPN設定とする)
(ローカルIPは192.168.1.0/24とする)

【pp設定】

pp select anonymous
pp bind tunnel2-tunnel4
pp auth request mschap-v2
pp auth username (VPN接続ID01) (VPN接続PW01)
pp auth username (VPN接続ID02) (VPN接続PW02)
pp auth username (VPN接続ID03) (VPN接続PW03)
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ip pp remote address pool 192.168.1.10-192.168.1.14 (接続時のローカルIP付与)
ip pp mtu 1258
pp enable anonymous

【TUNNEL設定】


### TUNNEL 2 ###
 
tunnel select 2
tunnel encapsulation l2tp
ipsec tunnel 102
ipsec sa policy 102 2 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive use 2 off
ipsec ike local address 2 192.168.1.1
ipsec ike nat-traversal 2 on
ipsec ike pre-shared-key 2 text (事前の共通鍵)
ipsec ike remote address 2 any
l2tp tunnel disconnect time off
l2tp keepalive use on 10 3
l2tp keepalive log on
l2tp syslog on
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 2
 
### TUNNEL 3 ###
 
tunnel select 3
tunnel encapsulation l2tp
ipsec tunnel 103
ipsec sa policy 103 3 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive use 3 off
ipsec ike local address 3 192.168.1.1
ipsec ike nat-traversal 3 on
ipsec ike pre-shared-key 3 text (事前の共通鍵)
ipsec ike remote address 3 any
l2tp tunnel disconnect time off
l2tp keepalive use on 10 3
l2tp keepalive log on
l2tp syslog on
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 3
 
### TUNNEL 4 ###
 
tunnel select 4
tunnel encapsulation l2tp
ipsec tunnel 104
ipsec sa policy 104 4 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive use 4 off
ipsec ike local address 4 192.168.1.1
ipsec ike nat-traversal 4 on
ipsec ike pre-shared-key 4 text (事前の共通鍵)
ipsec ike remote address 4 any
l2tp tunnel disconnect time off
l2tp keepalive use on 10 3
l2tp keepalive log on
l2tp syslog on
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 4

【その他設定】


環境によって変更
ip filter 20000 pass * 192.168.1.1 udp * 500
ip filter 20001 pass * 192.168.1.1 esp * *
ip filter 20002 pass * 192.168.1.1 * 4500
ip filter 20003 pass * 192.168.1.1 * 1701
 
以下は必須
#
# NAT Descriptor configuration
#
nat descriptor masquerade static 1 1 192.168.1.1 udp 500
nat descriptor masquerade static 1 2 192.168.1.1 esp
nat descriptor masquerade static 1 3 192.168.1.1 udp 4500
 
#
# IPSEC configuration
#
ipsec auto refresh on
ipsec transport 2 102 udp 1701
ipsec transport 3 103 udp 1701
ipsec transport 4 104 udp 1701
 
#
# L2TP configuration
#
l2tp service on

ルータの設定は以上

■Windows7の設定サンプルは以下

まずはレジストリを一か所変更する。どうやら、標準だとNATトラバーサルの動作に影響があるらしい

regeditを開いて

「AssumeUDPEncapsulationContextOnSendRule」Keyを「2」とする。

レジストリ変更参考サイト

再起動後に、コンパネのネットワークにて新規にVPN接続を1つ追加し、直ぐに接続せずに作成出来たらプロパティを開く

セキュリティータブの「VPNの種類」を[IPsecを利用したレイヤー2 トンネリング プロトコル(L2TP/IPsec)]に変更

その下にある「詳細設定」を押下

「承認に事前共有キーを使う」に設定してルータに設定した値をセット

これで行けるはず!

やっぱりPPTPはいろいろと問題が出てきているのでIPsecで行こう!

あと、WiMAXなどから接続する際にはWiMAX端末にて「IPsecをパススルー」にチェックなどしないとパケットが通らないことがありますので、接続元のルータの設定ももちろん、ゴリっとやってね!

Apache2.4系 Directoryのアクセス設定に変更があり注意が必要!

アクセス許可の設定の書き方が違うので注意

修正前(2.2など)

<Directory "/home/www">
  Order allow,deny
  Allow from all
</Directory>

修正後

<Directory "/home/www">
  Require all granted
</Directory>

これでOK!